必要なる印鑑証明書

合同会社設立に必要なる印鑑証明書とは

現在、合同会社設立する数は年々増えています。その理由は迅速な手続きで時間がかからずに開業できること、また初期費用が少なくて済むので、負担が少ないことです。そのため、合同会社設立で会社をスタートさせるケースが人気になっているのです。合同会社設立の手続きが簡単なのは、揃える書類が少なく、その内容も専門知識がなくても理解できるほど、シンプルでわかりやすいです。必要書類の中でも、印鑑証明書は全件、どんな場合でも必要です。必要なのは代表社員、つまり社長となる個人の印鑑証明書が必要です。まだ、登録していない場合は、まずは役所で印鑑登録をします。その後、3か月以内の印鑑証明を取得して提出します。

しかし、代表社員に条件があります。それは日本に在住していない方、また印鑑登録をしていない方です。印鑑登録をしていなければ、当然証明書が発行できませんのでなれません。また、海外にいる方もとれませんので、この場合は日本にいる方と2人で代表者となることで解決します。また、代表者が日本企業、つまり法人格の場合ですが、こちらは別途必要な書類が出てきます。まずは法人の印鑑証明書を用意します。そこに企業の履歴事項全部証明書も合わせて提出します。

このように、ケースによっては気を付けないとならないこともありますが、いたってシンプルな手続きで証明書を手にすることができます。この他に法務局への申請には必要にはなりませんが、合同会社の印鑑も用意する必要があります。というのも、法務局の申請で必要書類に会社の印として押印します。そのため、印鑑証明書は不要ですが、事実上申請の時に必要になります。前もって会社の印鑑も作っておく必要があります。

また、合わせて会社名義の口座開設には、会社の届け出印も必要になります。資金があるかの証明書類の提出もありますので、口座開設も申請前に終わらせておかなくてはなりません。その時に届け出印は必須ですので、作っておくことが必要です。このように、合同会社設立にはたくさんの印鑑をつくらなくてはなりません。印鑑を作ってもらうには、多少の時間がかかりますので、申請だけでなく、印鑑作成の時間も考えておかなくてはなりません。合同会社設立は、申請書類は少なく手間もかかりません。しかし、申請前に準備しておくこともあります。そのことも頭に入れて、計画的に進めていくことが大切です。ただ、印鑑を作っておけば、印鑑証明書は手軽に取得できます。”